親が子供のムダ毛処理のために出来る事

うちの子は、主人に似てしまったのかとても毛が濃いです。お姑さんも、びっくりするぐらい毛が濃いので、たぶん遺伝でしょう。鼻の下の髭などは剃っても剃っても生えてくるらしくて、いつも濃い状態なので見ていて可愛そうになります。実はうちの子は小学校1年生の時から、こっそり自分で手や足の毛を、私の顔のうぶ毛様電気シェーバーで剃っていたぐらい、ムダ毛に対してずっと悩んでいるみたいです。でも、小さい頃から自己処理ばかりを繰り返していたら、きっとお肌も荒れるし、毛穴も残ってしまって将来きれいな素肌になれないと思うのです。

それで私もいろいろ考えたあげく、私が通っている美容形成外科のスタッフに相談したら、子供がまだ小さいうちはレーザー脱毛等してもすぐに生えてくるし、あまりレーザー等の刺激の強いものは当てない方がいいと言われて、どうしたものかとずっと悩んでいました。

そんな時に、ホームエステ器具の脱毛器が楽天市場等のネット通販でよく売れているという広告を目にしました。これだったら家族みんなで使えるし、何よりも子供のムダ毛がすぐに伸びてしまっても好きなときに好きなだけ脱毛できると思って、今どこのメーカーの物がいいか調べ中です。たぶんうちの子は、鼻の下の髭と腕、足のすね毛が気になるみたいなので、早く処置してあげたいと思いました。

より安全な方法となると抑毛ローションや専門サロンでの子供脱毛かもしれません。
もし子供脱毛を検討しているのならこちらでチェック

 

こどもだからといってむだ毛処理をしないのはどうだろう

こどものむだ毛を気にされている親は、多いのではないでしょうか。実際に私もその一人のです。しかも、まだこどもは3歳なのに、すでに気になるのです。少し毛深いので、しょうがないのですが、まゆげがつながっていますし、まぶたの半分以上にもまゆげがはえています。さらに、女の子なので気にしてしまうわけです。まだ、3歳のこどもだから、気にすることはないよと、夫や私の両親にも言われるのですが、こどもって、正直じゃないですか。

それが時には、惨酷なこともあって、「どうして、ここにも毛がはえているの?」なんて聞かれるわけです。今は、無邪気に善悪がわかりませんが、そのうち、こんな小さなことでもからかわれ、それがいじめへと発展していくものなのです。少しでも、いじめの芽をとりのぞいてあげれるのなら、むだ毛の手入れを小さい頃から、してあげることはありだと思うとのです。

私は、身だしなみを整えることは大切なことだと、娘に教えてながら娘のつながったまゆげを整えてあげています。ただ、こどもの肌がとてもデリケートなので、手入れをするにあたっては、しっかりと肌を保護してあげることも忘れてはいけません。最近では、こどものむだ毛がはえるのを抑えるローションもあるようですし、こどもだからといって、むだ毛を放置せず、しっかりと向きあってあげたいですね。

 

中学生の娘のムダ毛処理はサロンでの脱毛も選択肢に

体つきがぐんぐん大人になっていく中学生の娘。腋のあたりは特にムダ毛も生え始め、ついにムダ毛処理を教える年齢になりました。生理などはいつか教える日がくるんだろうな…って思っていたけど「子供にムダ毛処理を教える」っていうのは、正直想像してませんでした(笑)

だから、どうしたらいいのかなぁとちょっと迷い。我が家は、とりあえず安全カミソリで教える事にしました。値段も手ごろだし、自分も中学生の頃から使用しているので。最近は石鹸つきのおしゃれなものも出ていますが、最初からそれありきになってしまうと
コスト的に、ちょっと痛いかなとも考えてのことです。

娘と話したところ、最近では家に電気カミソリがあって、それを使っている子も多い模様。そうか、今のお母さん方っておしゃれですもんね…電気カミソリとか普通の世代ですよね。そこを通ってこなかった私は、考えもしませんでした。こういう所で、母親の趣向も出るものですね。

なんにせよ、娘が少しずつ大人になっていく時間をムダ毛でまた一つ実感しました。こうして女の子は少しずつ、女性への階段を上るのですね。